お知らせ

遅延型アレルギー検査ができます(食物過敏)

「遅延型アレルギー検査(食物過敏)」とは、食後すぐには反応が起きにくく時間がかかる「気づきにくいアレルギー」を調べる検査です。アレルギー症状のほか、片頭痛など「アレルギー」と考えづらい症状がある場合もあります。したがって原因となる食べ物を摂取し続け、強い反応が出ないためアレルギーと思わずに体調が振るわないこともあります。体調不良の原因が分からない場合は「食物の隠れアレルギー」かもしれません。
アレルギー症状の他に、こんな症状はありませんか?
・片頭痛
・睡眠の質が良くない
・ゆううつな気分
・集中力が続かない、集中力がなくなってきた
・イライラ
など

実にさまざまな慢性症状の原因になっている場合があります。
ぜひ一度「遅延型アレルギー検査」をおすすめします。

ページ上部へ戻る